消費者金融

お金を借りるならプロミスがおすすめ!安心して借りられる5つの理由

消費者金融からお金を借りたいときには、安心して借りられる理由が勢揃いしているプロミスの活用をおすすめできます。

国の許可を受けている消費者金融のプロミスでは、利用時に得られるメリットが多岐にわたることをご存知でしょうか?

プロミスの審査における必要書類や手続きの注意点に加えて、気になるプロミスの評判も確認してみましょう。

そもそもプロミスはどんな会社?

1962年に設立した消費者金融大手のプロミスは、創立50周年を迎えた2012年にSMBCグループへと入りました

SMBCグループに完全子会社された同年には、社名をプロミスからSMBCコンシューマーファイナンスに変更した経緯もあります。

同社はSMBCグループにおけるコンシューマーファイナンス事業の中核会社であって、常にグループ各社と連携しながら成長を続けています。

金融事業と保証事業のほか、海外事業や債権管理事業を展開していますし、先進的サービスの提供やビジネスモデルの再構築にも取り組んでいます。

高い認知度を誇るプロミスの名称は、現在においては会社名そのものではなく、あくまでもサービスブランドの名称として扱われています。

そのため、プロミスはどんな会社という考え方をするよりも、プロミスはどのようなサービスブランドなのかという考え方が適しているでしょう。

また、SMBCコンシューマーファイナンスでは、創業から蓄積してきた与信ノウハウに強みを持ち、プロミスの創業精神も受け継いでいます

社会的責任を担う企業市民といった経営理念を掲げつつ、地域社会とのコミュニケーションを重視しているのがSMBCコンシューマーファイナンスです。

国の許可を受けている安全な消費者金融!

貸金業を営むのなら国や都道府県の認可を受ける必要があり、貸金業者には国や都道府県への届出が義務付けられています。

届出を済ませて登録が完了すると登録番号が与えられ、登録番号には届出を行った都道府県や更新回数などが記載されます。

もちろん貸金業者には登録番号を表示する義務があるため、各社のホームページでは誰でも簡単に登録番号を確かめられます。

プロミスのホームページでは、2019年5月時点にてサイト下部に関東財務局長(12)第00615号といった登録番号が表示されています

カッコ内の数字は更新回数を意味しますので、数字が12であれば、登録後の営業期間は33年以上36年未満になるでしょう。

更新回数が多いほど長く経営が続いている貸金業者に該当しますから、信頼できる貸金業者を探す上で登録番号の表示は大いに役立ちます。

さらにサービスブランドのプロミスを取り扱うSMBCコンシューマーファイナンスは、日本貸金業協会に登録している特長も見られます。

日本貸金業協会は貸金業法に基づいて設立された認可法人で、登録業者に対して監査による指導や支援などを実践しています。

適正な運営を促す役割を日本貸金業協会は果たしますし、登録を済ませているプロミスは極めて安全な消費者金融に数えられます。

プロミスは利用者が多い

消費者金融のカードローンは様々ですが、プロミスは特に利用者数の多いカードローンとして知られています

プロミスはテレビCMに力を入れていますので、プロミスのCMフレーズが耳に残っている人も多いのではないでしょうか?

SMBCコンシューマーファイナンスが公開している平成26年度有価証券報告書を確認すると、プロミスの利用者数はおよそ131万人です。

利用者の性別は男性約96万人に対して女性35万人ほどであり、年齢別では30代や40代の利用者が多い結果となっています

借入額別では30万円から50万円が最多で、およそ131万人といった利用者は消費者金融大手の中でもアコムに次いで2番目の人数です。

なお、SMBCグループにはサービスブランドのSMBCモビットも含まれ、プロミスと同様に個人向けの無担保・無保証小口融資を実行しています

SMBCモビットの利用者数は42万人という業績データも存在するため、サービスブランドをあわせた利用者数はアコムを凌ぐ可能性もあるでしょう。

プロミスはカードローンの審査に信用情報機関を確認している

消費者金融やカード会社においては、前もって利用者の返済能力を把握しなければ、適切な信用供与を実践することができません。

そこで審査時に手段として役立てているのが、信用情報機関に登録されている信用情報の確認になります。

信用情報機関は、信用情報の管理と提供を通じて、消費者と会員会社の健全な信用取引を支えている機関です。

日本にはこのような指定信用情報機関が3つあり、KSCと呼ばれる全国銀行個人信用情報センターはそのひとつに数えられます。

JICCと記載される株式会社日本信用情報機構と、略称でCICとされる株式会社シー・アイ・シーも指定信用情報機関に当てはまります。

一般社団法人全国銀行協会が運営するKSCは、銀行が加盟を行う信用情報機関なので、消費者金融のプロミスはKSCに加盟していません。

JICCとCICには消費者金融やカード会社が主に加盟していて、プロミスはこれら2つに加盟を果たしています。

また、信用情報機関に登録されている個人の信用情報では、債務整理の実行や返済の延滞などによって事故情報が登録されてしまいます。

事故情報は時間経過以外に抹消の手段がなく、信用回復には返済実績の積み重ねも要しますから注意しなければいけません。

もしもJICCやCICに事故情報が登録されているのなら、プロミスの審査に落ちる結果へとつながります。

事故情報の登録が想定される場合には、信用回復をしっかり行ってからプロミスに借り入れを申し込むことが大切です

総量規制のもと融資をしている

消費者金融のプロミスは総量規制のもと融資をしているため、最大でも年収の3分の1までしか融資を受けられません

総量規制は他社と共有しますから、プロミス以外で借り入れを行っていると、プロミスでの借入限度額は相応に少なくなります。

もちろんプロミスの融資審査では単純な年収に限らず、職業や融資の利用状況なども関係してきます。

総量規制内ならプロミスでいつでも満額を借りられるわけではなく、初回の融資審査では借入限度額を制限する傾向も見られます

プロミスは確かに総量規制に従って融資を行っていますが、審査の通過を目指すなら総量規制を意識し過ぎるのは推奨されません。

総量規制はあくまでも利用者の負担を考慮しての制度ですから、自分が必要とする金額のみを借りるようにしましょう

もしもプロミスでお金を借りた後に年収が下がり、総量規制を超える借り入れ部分が発生しても、一括で返済を求められることはありません。

総量規制は新たな借り入れの制限を規制するのみなので、年収が下がっても無理な負担を押し付けられる心配はせずに済みます。

加えて、貸金業法では総量規制の例外もいくつか定められています。

総量規制の例外には、個人顧客に一方的に有利となる借り換えや、個人事業主が行う借り入れなどが並びます。

プロミスのおまとめローンや自営者ローンは総量規制の例外に該当しますので、これらの活用時には契約内容をよく確かめてください

プロミスは安心して利用できる理由がある

SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスでは、24時間いつでもインターネットで申し込み手続きを行えます。

プロミスのWeb完結なら、即日融資可能な上にカードレスなので、カードそのものを紛失する心配がありません

選べる取引方法は様々であり、インターネットや電話のほか、最寄りの店舗やプロミスATMなどを借り入れと返済に利用できます。

さらにプロミスでは数日間のみの借り入れを申し込めますし、マネーアドバイザーへの相談を駆使していけます。

これ以外にも、家族に知られずにお金を借りられることや、返済能力にあった負担額で返済できるメリットがプロミスにはあります

30日間無利息サービスや、3秒診断で借り入れの実現性を把握可能なこともプロミスの魅力です。

プロミスでは安心して利用できる理由が揃っているため、安心感を何よりも優先したい人にはプロミスの活用が向いているでしょう。

家族に知られずにお金を借りることができる

家族に借り入れがバレる原因としては、自宅に届く消費者金融からの郵送物が代表的です。

カードそのものは一回の配達で終わりますが、利用明細書やお知らせは繰り返し自宅に配達されるリスクがあります。

どうしても家族に知られずにお金を借りたい場合には、プロミスの提供するWeb完結への申し込みがおすすめです。

プロミスのWeb完結はカードレスのカードローンに該当し、申し込みだけでなく借り入れや返済にもカードを一切使用しません。

Web完結の審査は最短30分で完了するので即日融資を望みやすく、口座振替で返済を行うときには郵送物なしの契約を選べます

後になってカード発行を受けたくなったときには、手数料無しでカード発行できるメリットもWeb完結には含まれます。

郵送物で家族に借り入れを知られたくないのであれば、プロミスのWeb完結を役立てられるでしょう。

ただし、プロミスへの返済を滞らせてしまうと、プロミスから自宅に電話がかかってくるケースがあり得ます。

家族に借り入れを隠したい場合にはしっかり返済を続けなくてはいけません

自身の返済能力に合った負担額で返済ができる

プロミスにおいては、利用者の借入残高に応じて毎月の最低返済額が算出されます。

借入残高で最低返済額を算出する際には、借入残高が大きいほど算出式でかける割合が少なくなります。

1,000円未満の金額は切り上げで対応されますが、総じてプロミスなら利用者の返済能力に合った負担額を見込めるでしょう

プロミスの借入限度額では総量規制の影響を受けますし、返済能力を大きく上回る最低返済額に設定されることはありません。

設定された最低返済額をプロミスに支払い続けている限り、返済の催促といった出来事は避けられます。

その一方で、完済を急ぎたい場合には返済シミュレーションを活用しつつ、毎月の返済金額を増やす方法も選択肢のひとつです。

いずれにしても無理なく返済を行いやすいのが、SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスになっています。

30日間の無利息サービスを利用できる

30日間無利息サービスは、初回契約時にメールアドレスを登録し、書面の受取方法にWeb明細を選ぶことで適用されるサービスです。

無利息となる期間は初回借り入れの翌日から30日間であり、適用期間が過ぎると返済日までの日数分における通常利息がかかります。

適用期間の30日間には、完済せず追加融資を受けたとしても、追加利用分を含めて無利息の対象になることは変わりません。

サービスを受けながら30日以内に完済した場合であっても、適用期間に再度借り入れを行った際には同じく無利息の対象として扱われます

プロミスを初めて利用するときにしか30日間無利息サービスは受けられないので、利息の負担を避けたいのなら条件を欠かさず満たしましょう。

なお、プロミスの事情によっては、無利息期間中に30日間無利息サービスの提供を停止する可能性もあるとのことです。

30日間無利息サービスは公式ホームページでプレゼントと称されていますし、いつまでも利用できるとは限らないかもしれません。

3秒診断でお金を借りられるか確認できる

プロミスの公式サイトでは、どれほど借り入れを見込めるか手軽に試せる3秒診断が用意されています。

こうした3秒診断はお借入シミュレーションと呼ばれ、3項目の入力によってシミュレーション結果が表示される仕組みです。

お借入シミュレーションの具体的な入力内容は、生年月日と年収のほか、現在の他社借入金額の3つになります

各項目を入力し、下部のシミュレーション実行ボタンを押すだけでシミュレーション結果を確認できます。

シミュレーション結果を確かめた上で、そのまま続けてプロミスへの申し込みを始めることも不可能ではありません。

とはいえ、実際の申し込みでは結果が異なるケースもあるので、診断結果は参考程度にすると良いでしょう。

プロミスの審査に必要なものは?

プロミスのカードローン審査を受ける際には、本人確認書類や収入証明書類の提出を求められます

審査に使える本人確認書類や収入証明書類は様々ですが、その提出方法は申し込みの仕方によって大きく変わります。

Web完結への申し込み時では、事前に必要書類を撮影もしくはスキャンしておき、画像データの添付といった方法で提出する流れになります。

自動契約機での申し込みにおいては、設置されているスキャナーで必要書類を取り込む方法を活用しなくてはいけません。

店頭窓口で申し込みを行うのであれば、担当者に必要書類を直接手渡しできますし、電話申し込みならFAXでの提出も手段に選べます。

郵送で申し込みをするときには、必要書類を指定された住所に送る方法で手続きを進めていきましょう。

本人確認書類が必要!

プロミスにおけるフリーキャッシングの審査では本人確認書類が必須になるものの、印鑑や保証人に加えて、担保は必要ありません。

本人確認書類として提出可能なものは、運転免許証やパスポートのほか、健康保険証と住民票の組み合わせです。

プロミスでは運転免許証の提出が基本的に優先され、これを持たない場合にパスポートまたは健康保険証と住民票を用いることになります。

マイナンバーが記載してある本人確認書類を提出する際には、マイナンバーを黒く塗りつぶして加工しておくことも大切です。

外国籍の方が審査を受けるときには、本人確認書類として在留カードか特別永住者証明書も不可欠なので注意してください。

もしも本人確認書類に記載された自宅住所と現在の住所が異なる場合には、現在の自宅住所が記載されている別の書類も提出が欠かせません。

発行日から6か月以内といった条件を満たす、公共料金の領収書や納税証明書などのコピーをあわせて提出しましょう。

借りる金額によって収入証明書がいる場合も

プロミスでお金を借りるときには、借入状況に応じて収入証明書類を提出する必要があります。

収入証明書類を要するケースは3つで、ひとつは利用限度額が50万円を超える場合になっています。

もうひとつは、プロミスの利用限度額と他社からの借入の合計が100万円を超える場合です。

さらに提出した収入証明書類の発行日から3年以上経過した場合であっても、再び収入証明書類を提出しなくてはいけません

収入証明書類として提出可能なものは、最新の源泉徴収票や確定申告書のほか、給与明細書や税額通知書です。

本人確認書類の提出時と同じく、マイナンバーが記載されている部分は加工を要するので気をつけましょう。

なお、プロミスでは収入証明書類の内容や他社の借入状況によって、利用限度額の制限も起こり得るとのことです。

在籍確認は電話で来る

プロミスなどの消費者金融でお金を借りる際には、審査の最終段階で在籍確認の手続きが実行されます。

在籍確認は利用者における返済能力を裏付けする目的で行われ、勤務先への電話連絡といった方法で実践されるのが一般的です。

消費者金融の中には電話以外の在籍確認を望めるところも見られますが、プロミスでは電話に応じられないと審査を通過することはできません

Web完結に申し込むと難しくなるものの、選んだ申し込み方法によっては、本人確認の連絡時に在籍確認の案内を受けられます。

電話のタイミングをプロミスに相談したいときには、申し込み後のプロミスコールや本人確認の連絡を役立てていきましょう。

必ず電話に出られるようにすること

プロミスが勤務先に在籍確認の電話を行う際には、プロミスと名乗って電話をかけることはありません。

担当者は個人名で電話をかけますから、職場にプロミスの利用が知れ渡るリスクは極めて低くなっています。

在籍確認は在籍の事実を確かめるための電話なので、申込者本人ではなく職場の同僚が代わりに在籍を証明しても大丈夫です

ただし、申込者本人が出ないと誰も電話に出なかったり、電話で在籍の事実が否定されてしまうケースなどが心配されます。

職場が個人情報保護に努めているのであれば、電話に出ても在籍の有無を回答しない事態が発生するかもしれません。

在籍確認の電話に自分自身で出れない場合の注意点は多いため、自ら応じられないのなら事前に対処を進めておきましょう。

プロミスの評判ってどうなの?

SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスは、知名度の高さと利用者数の多さを兼ね備えた消費者金融です。

国や都道府県の許可を受けていることに加えて、日本貸金業協会にも登録しているので消費者金融としての信頼性にも優れています

プロミスの評判にはポジティブな内容が出揃っていますが、一方でネガティブな内容が存在しないわけではありません。

続いて良い評判と悪い評判をそれぞれチェックし、プロミスを利用するかどうかを判断してみましょう。

プロミスの良い評判

プロミスに対する肯定的な評判では、どのような内容が取り上げられているのでしょうか?

利用者からのポジティブな評判を集めてみました。

・プロミスのWeb完結は契約までスムーズだった

Web完結で申し込んだところ、本人確認の電話がなく、在籍確認を除けば全てインターネットで手続きを進められました。もちろん契約までの流れがスムーズだったので、家族に心配をかけずに借り入れを実現できました。(20代男性)

・30日間無利息サービスのメリットが大きい

プロミスの30日間無利息サービスは借入日の翌日から適用されますし、無利息期間の日数を無駄にしないで済みます。適用期間は追加融資や再度の借り入れも無利息になるため、初回契約ではプロミスで大きなメリットを得られます。(40代男性)

・プロミスポイントサービスで提携ATMが使いやすくなった

消費者金融に対して怖いイメージを持っていましたが、プロミスは対応が親切でいろいろ相談できました。たくさんある提携ATMも、プロミスポイントサービスを利用したので使いやすかったです。(30代女性)

プロミスのポジティブな評判では、Web完結の利便性や30日間無利息サービスのメリットを評価する意見が多いようです。

担当者の対応を丁寧で親切と評する口コミや、プロミスポイントサービスに関する口コミも並んでいました。

プロミスの悪い評判

プロミスに対する否定的な評判には、どのような内容が出揃っているのでしょうか?

借り入れを申し込む前に押さえておきたい、プロミスのネガティブな評判を確かめてみましょう。

・必要な金額を借りられなかった

他社からも借りていたので総量規制が影響したのか、プロミスで借りられたお金は必要以下にしかなりませんでした。少ない融資額の割には審査時間も長くかかり、頼りにしていたこともあって余計にがっかりしました。(40代男性)

・在籍確認の電話が職場で不審がられた

在籍確認の対応を同僚に任せる結果になりましたが、担当者が名乗らなかったようで不審に思われてしまいました。やはり自分で在籍確認の電話に出れるのなら、他人任せにしないほうが良いと思います。(20代女性)

・上限金利そのままの設定にされた

プロミスの上限金利は17.8%になっていますが、契約時にこうした上限金利をそのまま設定されました。上限金利18.0%の他社よりも低いとはいえ、損した気持ちになりました。(30代男性)

 

プロミスのネガティブな評判では、利用限度額や上限金利に対する不満が出ています。

銀行カードローンよりも金利が高いとの意見や、在籍確認を不審がられたという意見なども見受けられました。

まとめ

消費者金融大手のプロミスは、創立50周年を迎えた2012年に社名をプロミスからSMBCコンシューマーファイナンスへと変更しました。

現在でも用いられているプロミスの名称は、SMBCコンシューマーファイナンスが提供するサービスブランドの名称になっています。

SMBCコンシューマーファイナンスは、SMBCグループの各社と連携しつつ、引き続き金融事業などを展開しているところです。

国や都道府県の認可を受けているプロミスでは、審査に信用情報機関を活用し、その融資は総量規制に従って行われます

日本貸金業協会にも登録しているのでプロミスは信頼性が高く、Web完結や30日間無利息サービスといった強みを備えています。

プロミスに借り入れを申し込む場合には、無理なく返済可能な金額を家族に知られずに借りることができるでしょう。

とはいっても、本人確認書類や収入証明書類の提出に加え、在籍確認の対応など注意点も多いので、活用は慎重に判断しなくてはいけません