未分類

お金を借りるにはどこの消費者金融がいいの?よくある疑問も合わせて紹介!

一時的なお金不足に悩む状況では消費者金融を頼れますが、ほとんどの消費者金融は個別に異なる強みを持っていることをご存知でしょうか?

今回は事前に知っておきたい消費者金融の基本情報を踏まえた上で、お金を借りるのにおすすめの消費者金融をいくつかご紹介します。

さらに消費者金融のメリットやデメリットのほか、消費者金融に対するよくある疑問などもあわせて解説していきます。

そもそも銀行と消費者金融の違いはなにか?

金融仲介と信用創造に加え、決済機能といった3大機能をいずれも兼ね備える金融機関が銀行です。

日本国内の銀行には貸金業法ではなく銀行法が適用され、銀行カードローンは総量規制の対象外になっています。

消費者金融のカードローンよりも上限金利の設定が低いことや、毎月の返済金額が安くなりやすいことも銀行の大きな特徴です。

もちろん銀行には企業としての信頼性を期待できますし、安心安全にお金を借りたいのなら銀行カードローンへの申し込みが向いているでしょう

総じて銀行カードローンは様々なメリットを持ちますが、消費者金融のカードローンが全面的に劣っているわけではありません。

銀行とは異なり、貸金業法が適用される消費者金融は、無担保での融資事業を中心にした貸金業者です。

消費者金融のカードローンは総量規制の対象になるものの、消費者金融では自動契約機の設置などローンサービスの提供に力を入れています。

手軽に審査を申し込める環境が整っている上に、審査は最短30分で完了するので、消費者金融なら即日融資も積極的に狙うことが可能です

活用する消費者金融によっては消費者金融ATMや提携ATMが数多く、無利息期間サービスなどの特典も揃えています

お金を借りる際の利便性を優先したい場合や、今すぐお金を借りたいときには消費者金融のカードローンが適しているかもしれません。

消費者金融はお金を貸すだけの会社

個人利用者向けの無担保融資を行う貸金業者が消費者金融であって、簡単にまとめると消費者金融はお金を貸すだけの会社になります。

こうした消費者金融には大手消費者金融と中小消費者金融が存在しますが、どちらであっても国や都道府県の許可を受けて営業しています。

貸金業者には登録番号の表示が義務付けられていますから、消費者金融の利用前には欠かさず登録番号を確かめましょう

法律を守りながら営業を続けている消費者金融を活用すれば、悪質な取り立ての被害を受ける心配はありません。

資金使途が自由なカードローンをシンプルな手続きで駆使していけるため、お金が必要になった場合に重宝するのが消費者金融になっています

消費者金融には預金サービスがない

銀行と消費者金融はいずれも個人向けのカードローンを提供していますが、消費者金融においては預金業務をそもそも行っていません。

預金口座にお金を預け入れたり、引き出したりできる銀行などの金融機関は、預金取扱金融機関に分類されます。

これに対して、消費者金融などの預金業務を行わない金融機関は、非預金取扱金融機関として扱われます。

非預金取扱金融機関には、保険会社や証券会社に加えて、投資信託委託会社や消費者金融が並びます

また、消費者金融は非預金取扱金融機関の中でも、預金業務を行わずに与信業務だけを行うノンバンクに該当します。

ノンバンクはそのまま名称の通り、銀行ではない組織ですから、銀行や信用金庫などはノンバンクに含まれません。

消費者金融以外にノンバンクに当てはまるのは、クレジット会社や信販会社のほか、リース会社や不動産金融専門会社などです。

クレジット会社と信販会社に消費者金融をあわせ、三大ノンバンクとも一般的に称されています。

銀行は総量規制外の会社!

銀行法に基づく銀行カードローンでは、出資法と利息制限法が適用されるとはいえ、総量規制の対象外になっています。

総量規制は貸金業法の法律であり、銀行法に貸金業法の総量規制に相当する法律はありません。

法律的に銀行カードローンは借入上限が存在しないため、総量規制の影響を受けている人でも銀行ならお金を借りられる可能性が残っています。

多額の借り入れを望む場合や、消費者金融でお金を借りられない場合には、銀行カードローンの活用が選択肢のひとつになるでしょう。

しかしながら、近年では銀行の過剰貸し付けが問題視された結果として、銀行が自主規制といった形で総量規制に従うケースが増えています

消費者金融とほぼ同じ金額しかお金を貸し出さない場合はよく起こり、年収の2分の1が実質的な借入限度額に近い状況にもなりつつあります。

銀行カードローンが総量規制の対象になる大きな動きは見られませんが、銀行の自主規制は今後もさらに広がっていくかもしれません。

総量規制ってどういう法律?

消費者金融やクレジット会社などに適用される総量規制は、貸金業者の貸し付けを制限する貸金業法の法律です

総量規制では、除外貸し付けや例外貸し付けもありますが、基本的に年収の3分の1以上の貸し付けを禁止しています。

そのため、消費者金融のカードローンで受けられる融資は、一部の例外を除いて年収の3分の1までにしかなりません。

なお、総量規制は他社と共有しますから、複数社から借り入れをする場合には1社あたりの借入限度額は相応に少なくなります

総量規制は消費者金融における全ての借り入れを合計し、それが年収の3分の1を超えてはいけない法律なので注意してください。

この法律だけに注目していると年収の3分の1まで借り入れを見込めるようですが、もちろん実際には様々な要因が審査で関係してきます。

単純な年収で消費者金融の借入限度額は決まらないので、総量規制以外の要因もカードローンの申請前にはチェックしておきましょう

もしも消費者金融からお金を借りた後に自分の年収が下がっても、総量規制を超える借り入れ部分の一括返済は求められません

総量規制は新しい借り入れを規制する制度に過ぎず、総量規制のギリギリまでお金を借りていても無理な返済を迫られる状況は避けられます。

おすすめの消費者金融はどこ?

消費者金融のカードローンでお金を借りる際には、金利と返済方法のほか、即日融資を実現できるかどうかが重要なポイントにあげられます。

上限金利の設定が低いと返済額を抑えられますし、多種多様な返済方法に対応していれば、毎月の返済を簡単に続けていくことができます

今すぐにお金が必要な場合には、何よりも即日融資を見込めることが消費者金融選びの大切な基準になるでしょう。

これらのポイントを踏まえておすすめできる消費者金融として、プロミスやアイフルのほか、アコムといった大手消費者金融が当てはまります。

中小消費者金融にも好条件の貸金業者は豊富にありますが、返済のしやすさを重視するのなら大手消費者金融の活用が推奨されます。

プロミスは審査や融資の時間が早い!

SMBCコンシューマーファイナンスのサービスブランドであるプロミスは、SMBCグループ各社との連携を強みにする大手消費者金融です。

国や都道府県の許可を受けているのみならず、プロミスは日本貸金業協会に登録を済ませ、審査には信用情報機関を利用しています

総量規制に従いながら信頼性の高い融資を行っていますから、プロミスは特に人気を集めるカードローンのひとつになっています。

プロミスの提供するWeb完結に申し込むと即日融資を目指せますし、家族に知られずにお金を借りることも不可能ではありません。

お借入シミュレーションや30日間無利息サービスなどの特長も揃えるため、初めて借り入れを行うのならプロミスの活用をおすすめできるでしょう

プロミスの審査では借入状況に応じて本人確認書類以外に、収入証明書類も提出しなくてはいけません。

審査の最終段階では在籍確認の電話も実践されますが、前もって準備を整えておけば審査から融資までスムーズに手続きを終えられます。

さらにプロミスで選べる取引方法は多彩で、インターネットや電話に加えて、店舗やプロミスATMでも借り入れと返済を実行可能です。

提携ATMは利用手数料がかかるものの、プロミスポイントサービスを利用すると一時的に手数料無料で使えるようにもなります。

即日融資が希望の人はアイフルがおすすめ!

1982年に関連3社が統合して誕生したアイフルは、メガバンクグループに属さない独立系の大手消費者金融です。

アイフルは2006年に大手消費者金融初の業務停止命令を受けた経緯があり、2007年4月に経営理念や企業理念の見直しを行いました。

現在ではお客様第一主義を含むアイフル行動宣言10か条や、心構えである四つの礎などを定め、CSR活動にも尽力しています。

アイフルのカードローンはインターネットを使って24時間365日申し込みできますし、審査は申し込み方法に左右されず最短30分で完了します

審査では本人確認書類や収入証明書類の提出が求められ、基本的に勤務先への電話といった在籍確認を避けられません

とはいえ、申し込みから契約までの手続きはWEB完結であっても進められますので、アイフルなら家族に隠したままお金を借りることも可能です。

最大30日間利息0円のサービスを受けられることや、便利な公式スマホアプリが登場していることもアイフルの強みになります

また、アイフルの公式スマホアプリでカードローンに申し込む場合には、書類提出の手順を簡略化できます。

お金の悩みを抱えていて即日融資を希望する人は、アイフル公式スマホアプリのダウンロードから検討してみましょう。

アコムは大手企業なので安心して借りられる!

三菱UFJフィナンシャル・グループのアコムは、コンプライアンスを企業風土にまで強化している大手消費者金融です。

CM展開やCSR活動に注力しているアコムは、消費者金融業界のリーディングカンパニーとして知られ、日本国内で抜群の知名度を得ています。

消費者金融を利用したことが一切なくても、はじめてのアコムといったCMフレーズが耳に残っている人は多いのではないでしょうか?

個人向け融資の自社ノウハウを持つアコムでは、カードローンの審査が最短30分で完了しますし、条件が揃えば即日融資を実現できます

アコムは安心安全な大手企業なので新規契約率が高く、取引方法に対応しているインターネットバンキングも豊富です。

手数料無料で借り入れや返済を行えるアコムATMは全国およそ1,000箇所に設置され、定期点検を除いて24時間営業している特長もあります

借入限度額の高さや30日間金利0円サービスのほか、楽天銀行口座を使う24時間引き出しもアコムならではの強みといえるでしょう。

アコムでは、審査の最終段階で返済能力の裏付けを目的にした在籍確認が実行されます。

在籍確認は書類で済ませられず、勤務先への電話連絡に応じられないと審査落ちにつながるので注意してください

消費者金融でお金を借りるデメリットは?

まず、銀行カードローンは上限金利の設定が14.5%前後ですが、消費者金融のカードローンは上限金利が18.0%程度で若干高くなっています

上限金利の差は返済時の負担に影響しますから、消費者金融のカードローンは銀行カードローンよりも長期利用に適していません。

もうひとつ、総量規制によって借入限度額が年収の3分の1に制限されていることも、消費者金融でお金を借りるデメリットに含まれます

とはいっても、消費者金融の初回利用時においては、総量規制を大きく下回る金額しか借り入れしかできないケースがほとんどです。

加えて、消費者金融にはマイナスのイメージがあり、活用時に世間体の悪さを感じかねないことも代表的なデメリットとして知られています。

審査では勤務先に対して在籍確認の電話連絡が行われるものの、対応を同僚に任せるのなら勤務先で不審に思われてしまう可能性もあります。

消費者金融への申請時に郵送物の対応を決めておかないと、自宅に届く郵送物で家族に消費者金融の利用がバレるリスクも生じるでしょう。

また、多重申し込みをしたり、消費者金融で借りたお金を延滞した場合には、信用情報機関に事故情報が登録される結果につながります

登録された事故情報は時間経過以外で抹消されず、事故情報がある限り、新しい借り入れやクレジットカードの発行はできません。

手持ちのクレジットカードも使用不可になりますし、事故情報が消えても信用を積むまでスーパーホワイトといった状況が発生します。

信用を積み上げても社内ブラックは避けられないため、消費者金融でお金を借りるのなら返済をしっかり続けていくことが大切です

気軽にお金を借りられるので金銭感覚が狂う可能性がある

消費者金融のカードローンでは気軽にお金を借りられますが、繰り返し利用していると消費者金融の借入限度額を預金残高と錯覚しかねません。

借りているお金と消費者金融の借入限度額に差が残っていても、その差額は自分のお金では無いのでくれぐれも気をつけてください。

さらに不足するお金をいつでも消費者金融の借り入れに頼っていると、日常的な金銭感覚が狂って必要以上の金額を借りる状況に陥る可能性があり得ます。

もちろん金銭感覚がこのようにマヒすると多重債務へと進みやすく、返済に回せるお金が足りずに延滞するほどになれば借金地獄が始まります

消費者金融で借りたお金は返済をしないと減りませんから、消費者金融では無理なく完済を目指せる必要最低限のお金だけを借りましょう。

返済の遅延で将来ローンに困るかもしれない

住宅ローンの審査では、信用情報機関に登録されている利用履歴をチェックされるため、審査において消費者金融の利用状況を隠すことはできません。

消費者金融で多額のお金を借りている場合や、返済の遅延を複数回している場合には、住宅ローンの審査に影響する可能性が高くなります。

銀行によって審査基準は異なりますが、多額の借り入れがあると返済能力に疑いを持たれ、住宅ローンの審査で不利になるのが一般的です。

住宅ローンは長期間の返済を要しますので、消費者金融の返済を遅延した事実が複数回確認されたときには審査に通る見込みはほぼありません。

将来的に住宅ローンの申し込みを予定しているのなら、遅延せずに完済と解約をするか、消費者金融をそもそも利用しないことが対処法に該当します。

消費者金融でお金を借りるメリットはなにがあるの?

消費者金融で借りるお金は使い道が限定されていませんから、事情に応じて自由に役立てられますし、返済後には再び借り入れを行えます

安定した収入があればパートやアルバイトでも活用できることや、銀行カードローンほど審査が厳しくないことも消費者金融の主要なメリットです。

このほか、消費者金融でお金を借りるメリットとしてあげられるのは、差別化を目的としたサービス内容の充実になるでしょう。

WEB完結などの手間がかからない申し込み方法を揃えるだけでなく、初回30日間無利息といった短期間の借り入れ向けサービスも登場しています

大手消費者金融の利用時には取引方法が多種多様に用意され、審査に必要な時間も最短30分程度で済みます。

申し込みのタイミングを見極めた上でスムーズに手続きを進められるときには、消費者金融のカードローンで即日融資を実現することも可能です。

手軽に借りられるので便利

消費者金融のカードローンは、電話やインターネットのほか、店舗窓口や自動契約機を使って簡単に申し込めます。

パソコンやスマホからの申し込みでも審査時間は同様で、本人確認書類や収入証明書類を提出するとはいえ、申請に保証人や担保は必要ありません

借り入れや返済には、消費者金融ATMや提携ATMのみならず、24時間対応の振込や公式アプリを用いるカードレスキャッシングなども活用できます。

忙しい人であっても自分のタイミングで借り入れと返済を行えるため、生活リズムを崩さずに利用可能なことも消費者金融の大きなメリットです。

消費者金融でお金を借りる場合には多種多様な取引方法が揃っていますから、自分で手軽に使いこなせる方法を駆使していきましょう。

最短30分で借りられる

ノウハウを蓄積させた大手消費者金融は審査スピードに優れ、こうした消費者金融の審査時間は最短30分程度にまで短縮されています。

審査は土日祝日も受け付けていますし、手続きで問題が発生しなければ、消費者金融への申し込みから融資まで短時間で終わります

条件を満たすときには土日祝日を含み即日融資を期待できますので、急いでお金を要する事態には消費者金融への申し込みが力を発揮します。

ただし、希望する借入額や利用者の状況によっては審査時間が相応に長くなり、在籍確認の電話に対応できないと消費者金融からお金は借りられません

審査時間が最短30分と表示されていても油断せず、審査に対する準備を欠かさず整えてから消費者金融へ申し込みを行いましょう。

消費者金融に対するよくある質問

消費者金融に対する疑問としてよくあげられているのが、在籍確認に関連する質問と家族に隠したまま借りられるのかといった質問です。

在籍確認は審査の最終段階で行われる手続きであって、利用者の返済能力を確認する目的で実践されています。

具体的な手続き内容は勤務先への電話連絡になりますが、在籍確認の電話で消費者金融が会社名を名乗ることはありません。

個人名でかかってくる電話に自分もしくは同僚が応じるだけで手続きは完了しますから、在籍確認を過度に不安視しなくても大丈夫です。

家族に隠したまま消費者金融でお金を借りたい際には、ローンカードの受け取り方法に郵送を選ばないことがポイントになります

消費者金融への申し込み時に郵送物なしを選択し、完済まで滞納を一度もしなければ、家族にバレずに消費者金融からお金を借りられるでしょう。

消費者金融の審査って厳しいの?

消費者金融の審査には自動審査と手動審査があり、両方を通過しないと審査の合格にはなりません

自動審査は申込者本人が申告した情報をスコアリングし、点数の合算で審査合格基準を超える場合に通過となります。

手動審査はこのような自動審査の合格後に行われ、信用情報や他社借入額の確認に加えて、収入証明書の確認と在籍確認が実行されます。

銀行の審査でも流れはほとんど変わりませんが、銀行は消費者金融よりも上限金利の設定が低くなっています。

上限金利の設定が低いことにあわせて審査の厳しさは増していますので、総じて消費者金融における審査のほうが甘いといえるでしょう

電話で怖い人が出てこないの?

消費者金融に適用される貸金業法では、取立行為の規制という項目があります。

貸金業法にて強引な取り立ては禁止されているため、返済期日までに返済をしなくても電話で怖い人が出てくる心配はありません

もちろん怖い人が出なくても、延滞のデメリットは多く、消費者金融も法律に則った督促を順に開始します。

まずはじめにかかってくる携帯電話への取り立て電話では、暴力的な言葉を使うことなく、いつ支払えるのかを確かめてきます。

電話に応じないと自宅へ督促状が届くステップに進みますから、取り立て電話がかかってきたときには怖がらずに応じましょう

まとめ

貸金業法と総量規制が適用されているノンバンクの消費者金融は、個人利用者向けの無担保融資を行う貸金業者です。

大手消費者金融でお金を借りる場合には、電話やインターネットで手軽に申し込みをできますし、審査も最短30分で終わります

条件を満たしていると即日融資を受けられることに加えて、借り入れや返済に使える方法も多種多様に揃っています。

消費者金融の活用時には様々なメリットを得られますが、デメリットも幅広く発生してしまうので注意が欠かせません。

銀行よりも消費者金融の上限金利は高く、返済期日までに返済をできないと信用情報機関に事故情報が登録される結果につながります

住宅ローンの申請時に消費者金融からお金を借りているときには、審査で不利になるリスクもよく知られています。

今すぐお金が必要な場合に消費者金融は重宝しますが、デメリットもしっかり踏まえた上で利用を判断していきましょう。