職業や属性

主婦がお金を借りる方法は?おすすめのカードローンを紹介!

先行き不安な現代、いつ何時急なお金が必要になるか分かりません。

たとえ収入の無い主婦であっても、現金が必要になる可能性はあります。

この記事では、一般的にお金を借りにくいとされている主婦の人がお金を借りる方法と、おすすめのカードローンについてお話しします。

カードローンに申し込める条件はなに?

カードローンには、必ず申し込み条件があります。

気軽に借りられるのがカードローンの魅力の1つですが、実は誰でも借りられるわけではありません

それほどハードルは高くないものの、ある程度の条件を要求されます。

なぜかと言えば、カードローンはお金を貸す融資商品であるが故に、必ず返済してもらう必要があるためです。

貸し倒れのリスクを最小限に留める為、収入等の面で申込者を絞り込む必要があります。

また、法律によって貸付可能な年齢が決まっているため、申し込み条件はそれらを明記する役割も持っています。

どのような申し込み条件が設けられているのかは、利用するカードローンのホームページ等に記載されているので、申し込み前にきちんと確認しておきましょう。

以下の項では、より具体的にカードローンの申し込み条件についてお話ししましょう。

安定した収入があること

カードローン申し込み条件として一番最初に挙げられるのが、「安定した収入」があることです。

これは、雇用形態を問わないため、正社員でなくても問題ありません。

アルバイトやパートでも、月々の収入が安定してさえいれば申し込み条件はクリアできます

ではなぜ、借入の際に安定した収入が求められるのでしょうか。

お金を借りる側にとっては、借りたお金は必要なことに使ってしまえばそれまでです。

しかし、お金を貸す側にとっては、その後の返済の方が重要な意味を持ちます。

貸したお金が返ってこない、いわゆる「貸し倒れ」のリスクを抱え込むのはどの金融業者も避けたいことです。

安定した収入が無い、ということは、その人からは返済が見込めないのと同義です。

はじめから返済できる見込みが無い人に融資をすると回収が大変ですから、このような条件が盛り込まれているのです。

配偶者が安定した収入がある場合は主婦でも申込み可能!

大手消費者金融の場合、収入の無い主婦はどうがんばってもお金を借りることができません。

これは、貸金業法と呼ばれる法律によって厳格に決められていることです。

では、無職で収入もゼロの主婦の場合、カードローンの利用はあきらめるしかないのでしょうか。

少し遠回りの方法になりますが、すでに結婚して配偶者が居る場合、その配偶者に安定した収入がある場合は申し込むことが可能です。

その方法についてみていきましょう。

まず知っておかなければならないのは、「配偶者貸付制度」と呼ばれる制度です。

これは、配偶者と自分の収入を合算した金額の3分の1までのお金を借りることができるとする仕組みです。

配偶者の年収が600万円、自分が0円の場合、借りられる上限金額は200万円ということになります。

この制度を利用するためには、配偶者貸付制度を利用できるカードローンを選ぶ必要があります。

冒頭でも述べたとおり、大手の消費者金融はこの制度を導入していないことが多いため、選択肢からは除外されます。

メガバンクやネット銀行であれば、この制度を導入しているところも多いため、まずはそちらを検討してみるとよいでしょう

主婦でも申し込めるカードローン

この項では、主婦の人でも申し込めるカードローンをジャンル別にまとめてご紹介します。

はじめにご紹介するのはメガバンク、ネット銀行系です。

やはり、誰でも名前の知っている銀行というのは心強いですし、安心感も違います。

ネット銀行は出たばかりのものも多いですが、利便性を考えるとメガバンクに引けをとりません。

その次は地方銀行系カードローンを4社ご紹介します。

地方銀行は住んでいる地区によっては利用できないこともありますが、独自のサービスを打ち出していることも多いのが魅力です。

メガバンクに比べれば当然規模は小さいものの、その分小回りが利くため、地方に住んでいる人にとってはメガバンクを利用するよりも多くの恩恵を受けられる可能性があります。

では、次の項から実際にみていきましょう。

主婦でも申し込めるメガバンク・ネット銀行はなに?

まずはメガバンク、ネット銀行系のカードローンからみていきましょう。

メガバンクとは、巨大な収益規模や資産を有する銀行を指します。

営業エリアは全国区で、日本に住んでいる人であれば誰でも利用することが可能です。

ネット銀行は、比較的新しいサービスで、対面の店舗を持たず、インターネット上での取引を中心として営業している銀行のことを言います

一般的な銀行の場合、入出金は銀行窓口に併設されているATMで行うことになりますが、混雑することも多く不便です。

ネット銀行の場合、キャッシュカードを用いてコンビニ等の提携ATMで簡単に入出金を行うことができます。

残高照会もスマホやPCから24時間365日可能で、利便性が高く利用しやすいのが特徴です。

以下、メガバンクから1行、ネット銀行から4行をご紹介します。

みずほ銀行カードローンコンフォートプラン

みずほ銀行は東京都千代田区に本店を置くメガバンクです。

カードローンの利用資格は、「満20歳以上66歳未満で、かつ安定した収入のある方」となっています。

メリットとしては、比較的低金利であることと、自動融資サービスを設けている点です。

具体的な金利は2.0パーセントから14.0パーセントと、消費者金融の上限金利18.0パーセントと比較してもかなり低くなっていることが分かります

自動融資サービスは、口座引き落としの際、不足している分を自動で貸し付けてくれるサービスです。

前提として、利用にはみずほ銀行の普通預金口座が必要になりますが、トラブルを未然に防ぐことができるメリットは大きいと言えるでしょう。

みずほ銀行カードローンには2つのプランがあり、それぞれ「コンフォートプラン」、「エグゼクティブプラン」の名称があります。

両者の違いは、融資限度額と金利です。

コンフォートプランでは融資限度額10万円以上1,000万円以下、エグゼクティブプランでは200万円以上1,000万円以下となっています

金利はコンフォートプランで年率3.5パーセントから14.0パーセント、エグゼクティブプランでは年3.5パーセントから7.0パーセントです。

主婦の人が借入を行うことが出来るのはコンフォートプランになるため、基本的に適用される金利は14.0パーセントと考えておくとよいでしょう。

また、みずほ銀行カードローンを利用するにはみずほ銀行の普通預金口座が必要になりますから、持っていない方は契約時に口座を開設する必要があります。

イオン銀行カードローン

イオン銀行カードローンは、イオングループの銀行であるイオン銀行が取り扱う融資商品です。

全国各地に存在する大型ショッピングセンターを経営するイオンだけあり、その知名度はメガバンクに引けをとりません。

以下、カードローンの詳細と特徴についてみていきましょう。

イオン銀行カードローンの申し込み条件は、「満20歳以上、65歳未満の方で、本人、または配偶者に安定した収入があること」となっています。

収入の無い主婦の方でも、配偶者が安定した収入を確保していれば申し込むことが可能です。

次に金利ですが、3.8パーセントから13.8パーセントと、他の銀行に比べてもかなりの低金利です。

ただし、この金利は固定ではなく変動であるため、金融情勢によって多少上下することがありますから注意が必要です。

また、利用の際はイオン銀行の口座を開設する必要があります

イオン銀行カードローンのメリットとしては、何といっても圧倒的な低金利です。

メガバンク系カードローンの平均上限金利14.5パーセントと比較しても、まだまだ低金利です。

さらに、提携ATMも豊富なため、コンビニに設置されているATMであれば基本的に入出金が可能になっています。

ただし、その際には手数料がかかるので注意しましょう。

ソニー銀行カードローン

次はソニー銀行についてご紹介します。

ソニー銀行は過去に一度、新規の申し込みを停止していましたが、最近再開されました。

申し込み条件は、「満20歳以上65歳未満で、定収入のある方」となっています。

もちろん、配偶者に収入があれば主婦でも利用することが可能です。

ソニー銀行カードローンのメリットとその詳細について、以下で詳しくご説明します。

まず金利ですが、年2.5パーセントから13.8パーセントとかなりの低金利となっています。

さらに、申し込みから借入、返済に至るまで、文字通り家から一歩も出ずに完了させることが可能です。

申し込みと借入はホームページから行い、返済は口座引き落としです。

家事や育児に追われる忙しい主婦の人でも手軽に利用することができるのは、大きなメリットと言えるでしょう。

利用限度額は、主婦の方であれば最大50万円となっており、これは相場と比較してもかなり高水準と言えます

利用するにはソニー銀行の口座が必須になりますから、持っていない方は同時に開設してしまいましょう。

ジャパン銀行ネットキャッシング

ジャパンネット銀行は、ネット銀行の草分け的存在です。

インターネットならではの利便性をしっかりと盛り込んだジャパンネット銀行の融資商品、「ネットキャッシング」についてご説明します。

申し込み条件は、「20歳以上70歳未満で定収入があり、ジャパンネット銀行の口座をお持ちの方」となっています。

言うまでもなく、配偶者に定収入があれば主婦の方でも問題なく利用できます

口座を持っていない方は、新たに開設する必要があるので注意しましょう。

金利は2.5パーセントから18.0パーセントと、銀行カードローン全体で見るとかなり高めに設定されています。

消費者金融の上限金利が18.0パーセントであることを考えると、金利にメリットを見出すのは現実的ではありませんね。

ジャパンネット銀行の強みは、スマホやPCを利用した振込融資です。

専用のスマホアプリも用意されており、それを利用すれば30秒ほどで振込融資可能です。

特にWEB上でのサービスが充実しており、スマホ一台あれば借入、返済、利用明細確認のすべてを行うことができます

ただし、やはり金利が高いため、借入額は極力少額の方が好ましいと言えます。

上手にメリットだけを活用できれば非常に便利なのがジャパンネット銀行の特徴です。

じぶん銀行じぶんローン

最後にご紹介するのは、独自のサービスを展開していることで有名なじぶん銀行です。

じぶん銀行は、三菱UFJ銀行とKDDIが共同出資して設立したネット銀行で、実店舗はありません

じぶん銀行が提供する融資商品「じぶんローン」について詳しく見ていきましょう。

じぶんローンの申し込み条件は、「20歳以上70歳未満で自身に定収入のある方」となっています。

ここで注意すべきなのは、あくまでも「自身に」定収入のあることが前提です。

つまり、アルバイトやパートをして収入のある主婦の人であれば借りられますが、無職の専業主婦の人はたとえ配偶者に収入があっても借りられません

金利は2.2パーセントから17.5パーセントと、銀行カードローンの中では比較的高い部類です。

ただし、auのIDを持っている方は金利優遇措置を受けることができます。

auIDはauが運営するサービスやコンテンツを便利に活用するためのもので、携帯電話の回線をauにしている人であれば取得しておくと良いでしょう。

主婦でも借りられるおすすめの地方銀行とは?

上の項ではメガバンク、ネット銀行についてご説明しましたが、続くこの項では地方銀行をご紹介します。

地方銀行は全国に支店こそないものの、地域密着型として独自のサービスを展開していることも多いのが特徴です。

北海道、関東、中部、近畿の4地方の中から、それぞれ代表的な地方銀行を1つピックアップしてみていきましょう。

メガバンクやネット銀行と比べても特徴的なものが多いため、人によってはそれが大きなメリットにもなり得ます。

東京スター銀行スターローン

まずは東京都港区赤坂に本店を置く第二地方銀行の東京スター銀行から、「スターローン」をご紹介します。

東京スター銀行は2001年に営業を開始した比較的新しい地方銀行です。

大手都市銀行は軒並み法人向けであるのに対し、東京スター銀行は個人に特化しているのが特徴で、個人利用を前提としユニークなサービスを多く展開しています。

では、そんな東京スター銀行の提供する融資商品、「スターローン」とはどういったものなのでしょうか。

詳しくみていきましょう。

金利は1.8パーセントから14.6パーセントと比較的低く、特に借入額50万円以下では他で借りるよりもお得になります。

利用できる属性も幅広く、アルバイトやパートで生計を立てる主婦、同じく学生、年金受給者、さらに収入の全くない専業主婦でもお金を借りることができます

ただしデメリットとして、申し込みから融資までに約10日間を要するため急いでいる人には向きません。

北陸銀行カードローンクイックマン

中部地方からは北陸銀行をご紹介します。

富山県富山市に本店を置く北陸銀行は、「地域共存」「公正堅実」を経営理念に掲げる地方銀行です。

北陸銀行が提供するカードローン「クイックマン」の特徴を見ていきましょう。

金利は300万円以内の借入で一律14.95パーセント、300万円以上の借入で11.95パーセントと、独特の金利設定となっています

借入限度額は10万円から500万円以内で、年金受給者や専業主婦の方でも申し込みが可能です。

「クイックマン」のメリットは、申込時の手間が極力省かれている点です。

手続きの際に来店する必要は無く、さらに北陸銀行の口座を開設する必要もありません。

ただし、返済はATMを利用する必要があるため、後々の手間まで考えて総合的に評価すると、良い悪いは人それぞれ違ってきそうです。

他社とよく見比べたうえでの利用がおすすめと言えるでしょう。

みなと銀行Qポートネオ

みなと銀行は兵庫県神戸市に本店を置いており、兵庫県全域、大阪、東京に支店を展開しています。

みなと銀行が提供する融資商品、「Qポートネオ」は全国各地で利用することが可能です

早速、概要をみていきましょう。

金利は4.5パーセントから14.0パーセントと、消費者金融より低金利ですが特筆すべき点はありません。

Qポートネオを利用するメリットは、審査対象者の幅広さと審査スピードにあります。

審査の対象となる人は、一般的には利用条件から外されてしまう年金受給者や無職の専業主婦まで含まれます

審査スピードは申し込みから最短1時間で、これは審査が厳格な銀行の中では頭1つ抜けたスピードを誇っています。

もちろん、銀行である以上即日融資は受けられませんが、それでも回答が早いのは嬉しいですね。

また、みなと銀行の口座を持っていなくても利用可能なため、手間もかかりません

ただし、みなと銀行ATM以外では利用手数料を取られてしまう等デメリットもあるため、住んでいる地域によってはメリットが活かしきれない可能性があります。

北洋銀行カードローンスーパーアルカ

最後にご紹介するのは、北海道に本店を置く北洋銀行です。

地方銀行でありながら、道内での知名度は抜群であり、規模も関東圏の地方銀行に劣らないほど巨大です。

道民にとってもなじみ深い北洋銀行が提供するカードローン、「スーパーアルカ」をご紹介しましょう。

まず大前提として、スーパーアルカを利用できる人は道内に居住していて、道内に勤務先を持っている人に限定されます。

その他の県に住んでいる方は利用できないため注意しましょう。

金利は1.9パーセントから14.7パーセントと、銀行らしい低金利を実現しています。

申し込みの際に来店は不要で、北洋銀行の口座を持っていなくても利用できるため間口はとても広いと言えるでしょう。

スーパーアルカ最大のメリットは、月々の返済額が2,000円からと控えめである点と、コンビニATMでの利用手数料が無料である点です。

どちらも余裕を持つという意味では、主婦にとってうれしいサービスであると言えるでしょう。

専業主婦でも申込み可能か確認する簡単な方法

最後は、収入の無い専業主婦でも各種カードローンを利用できるかどうか確認する方法をご説明します。

多くの場合、申し込み条件内に可否に関する事項が盛り込まれていますが、中には運営側が見落としている等の理由で分からない場合もあります。

特に、比較的新しい融資商品の場合は明記されていない可能性が高くなります。

確実に、かつ簡単に申し込み可能かどうか確認する方法を2つご紹介しましょう。

コールセンターに電話する

最も手っ取り早いのは、コールセンターに連絡して直接聞くことです。

どのカードローンも、お問合せ先の電話番号は開設しています。

回答にそれほど時間を要する事柄でもありませんから、5分もあれば確認は終了するでしょう。

ただ、コールセンターはいつでも開いているというわけではないため、繋がる時間は事前に調べておく必要があります。

せっかく審査スピードや融資スピードが速くても、出だしで躓いては勿体ない思いをしてしまいます。

また、電話ではなく問い合わせメールを送って返信を待つという方法もあります。

電話と比べるとスピードは落ちますが、万が一コールセンターが混み合っていてすぐにレスポンスをもらえない場合は重宝します。

ホームページで確認する

スマホやPCを持っている方であれば、電話ではなくホームページで確認する方法もあります。

こちらはコールセンターと違い、望みの情報にたどり着くまで自分で調べなければいけませんが、時間を問わず確認することができます。

また、確認を行う際は、必ずカードローンの公式ホームページから行うようにしましょう

なぜなら、第三者の提供する情報は古かったり、精度が信用に欠ける場合があるためです。

公式ホームページであれば掲載されている情報は常に最新ですし、精度も問題ありません。

万が一、ホームページにも記載が無い場合は、上述したコールセンターへの電話で確認するしかありません。

まずはホームページを確認して、記載が無ければ電話で確認という手順を踏むのが最も確実と言えるでしょう。

まとめ

誰でも気軽に申し込めるのがカードローンですが、文字通り「誰でも」利用できるわけではありません。

原則として満20歳を迎えており、加えて定収入が無ければ基本的に審査には通らないのです。

収入の無い専業主婦でも、配偶者に定収入があれば借入できますが、煩雑な手続きや利用限度額等様々な面で制限を受けます。

また、専業主婦でも借入ができるかどうかは利用するカードローンによって違うため、事前の確認は必須です

メガバンク系、ネット銀行系、地方銀行系のどのカードローンを利用するかは、自身の環境と状況を精査して決めましょう。